• コンソーシアム型AUTOSARアダプティブプラットフォームに関する共同研究(A2Pコンソーシアム)

    参加企業:6社

    NCESがこれまでに実施した、AUTOSAR OS仕様をベースとした次世代の車載組込みシステム向けのRTOS仕様の実装、検証スイートの開発を踏まえて、グローバルに有力な車載制御システム向けのソフトウェアプラットフォーム(SPF)の研究開発 を行います。具体的にはRTOSの機能安全規格対応やBSWモジュールの開発、RTE ジェネレータの拡張とインテグレーションの研究開発を行います。 開発した外部仕様と実装成果については、TOPPERSプロジェクトより公開する予定です。
    >>説明スライド(PDF)

     

  • コンソーシアム型ダイナミックマップ2.0に関する共同研究(DM2.0コンソーシアム)

    参加組織 :名古屋大学 同志社大学 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 株式会社NTTデータMSE
    住友電気工業株式会社 パイオニア株式会社 パナソニック株式会社 富士通株式会社 ヤマハ発動機株式会社
    協力会社:インクリメント・ピー株式会社
    オブザーバ:京都高度技術研究所

    SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)開発領域の次のステップに向けてダイナミックマップの先行研究を行っています。協調型ITSの基盤作りと新規サービス創出・協調領域の拡大と海外展開を目指します。
    >>DM2.0コンソーシアム詳細はこちら


  • 車載セキュリティ技術研究

    共同研究:3社

    NCESの次世代車載向けセキュリティ対策技術に関する研究を行っています。本プロジェクトでは、車載LANを中心とする車載制御システムの特徴を生かした対策技術を発信していくことを目指しています。

     

  • enPiT「分野・地域を越えた実践的情報教育協働ネットワーク(education network for Practical information Technologies)」事業

    参加大学:岩手大学 愛媛大学 岡山県立大学 九州大学 芝浦工業大学 東海大学 東北学院大学  徳島大学
    南山大学

    enPiT2「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成」事業 組込みシステムの構築を通じて、我が国の社会的課題を解決できる素養を持つ情報技術者を、学部教育で育成することを目的とした実践教育ネットワークを構築します。

    参加大学:静岡大学 愛媛大学 広島大学 南山大学

    enPiT Pro「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成」事業 組込み技術者(社会人)の学び直しを行う大学院の実践教育ネットワークを構築し、基盤技術と先端技術を実践力として学び直し、企業の開発現場で活躍し得る技術者の育成に取り組みます。


    >>enPiT詳細はこちら

     

  • SpaceWireOS

    共同研究:宇宙開発機構(JAXA)

    次世代宇宙機向け通信ネットワーク規格として採用が始まっている、SpaceWireのリアルタイム性保証手法の研究を行い、それをサポートするソフトウェアプラットフォーム( SpaceWire OS ) の開発を行っています。さらに、JAXAとの協力協定に基づいて、スペースソフトウェアプラットフォーム研究開発拠点を設置し、SpaceWire OSの普及を目指します。
    >>説明スライド(PDF)

     

  • 平成29年度戦略的基盤技術高度化支援事業 「自律的自動運転の実現を支える人工知能搭載システムの安全性立証技術の研究開発」

    共同研究:株式会社ヴィッツ

    人工知能搭載システムの安全な活用を実現し、人工知能搭載システムがサービスを安全に提供できることにより、製品の高付加価値化やサービスおよびユーザビリティの向上をめざします。
    >>説明スライド(準備中)

     

  • オープンシステムディペンダビリティ(IEC62853案)の自動車産業への技術的展開手法の研究

    共同研究:株式会社Symphony

    IoT、自動走行時代のディペンダビリティに応用が期待されるIEC62853案で定義される4つのプロセスビューを設計、実装し自動車ソフトウエア開発における効果を検証します。

     

  • AUTOSARツールチェインの検討・構築に関する研究

    共同研究:APTJ株式会社

    AUTOSAR Classic platform準拠のソフトウェアをインテグレーションする際の、より効率的・効果的な構築方法についての研究を行っています。

     

  • 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム/大規模実証実験」のうち 「情報セキュリティ実証実験」

    受託研究:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

    自動走行における車両のセキュリティ脅威の調査および分析を行い、国際標準化も見据えて車両の対ハッキング性能を検証するセキュリティ評価手法を策定します。